やまぐち障害者等専用駐車場利用証制度とは

TOP > やまぐち障害者等専用駐車場利用証制度のお願い > やまぐち障害者等専用駐車場利用証制度とは

やまぐち障害者等専用駐車場利用証制度とは

 公共施設や病院、店舗などに設置されている身障者用駐車場は、車いすの使用者だけでなく、障害のある方や高齢の方などで、そのスペースの利用が必要な方のための施設ですが、健常な方の利用もみられるほか、内部障害の場合も含めて対象者が分かりづらく、利用しにくいといったご意見も伺っています。
  そこで、山口県では、障害のある方などに、県内共通の利用証を交付して、登録された協力施設の駐車場を利用できる「やまぐち障害者等専用駐車場利用証制度」を創設しました。

 

 利用証
県や市町の役場などで交付しています(裏面参照)
 利用証の使い方
県や市町の役場などで交付しています(裏面参照)
 「やまぐち障害者等専用駐車場」
県や市町の役場などで交付しています(裏面参照)

 

 

ポイント① 利用証の交付により、利用できる方が明らかになります

障害者、高齢者、妊産婦、けが人などで、歩行や乗降が困難な方です。(7月1日受付開始)

 

ポイント② 利用証の掲示いただくことで、適正な利用かどうかが確認できます。

官民が協力して制度を運用することで、不適正な利用に対して注意を促しやすくなります。

 

ポイント③ 県民の身障者用駐車場の適正利用に関する理解が深まります。

制度の普及や協力施設の拡大を通じて、県民の意識が高まることが期待されます。

 

≪問合せ先≫

山口県健康福祉部 厚政課 地域保健福祉班  TEL:083-933-2724