事業・活動
名称 三世代交流事業
市町村名 宇部市
実施主体 鵜の島校区コミュニティ推進協議会
内容 地区の諸団体が三世代交流行事を企画実施する
・地区体育祭
・三世代交流てくてくウォーキング
・三世代交流グラウンドゴルフ大会
・三世代ボウリング大会
・三世代交流輪飾り作り教室
・三世代交流ソフトバレー大会
・三世代交流ミニ門松作り教室
・三世代交流どんど焼き
活動区分
その他
対象
実施範囲・エリア
地区・校区単位
対象者
住民全体
対象者の詳細
運営体制
運営に関わっている
人・機関・団体
コミュニティ推進協議会
自治会連合会
校区社協
連合むつみ会
体育連絡協議会
まちづくりサークル
ふれあい運動推進協議会
子ども委員会
担っている役割 企画・運営
活動支援
財源
実施主体の自主財源
取り組んだきっかけ
老人会の活動は活発であるが、子どもや若い世代との交流が少なかった。三世代交流事業を実施することで子どもや若い世代と顔見知りになるとともに、お年寄りが積極的に参加するようになり見守り活動につながると考えた。
立ち上げる際の準備・苦労したことなど
・財源の確保
・若い父兄や子どもたちが忙しくて参加者および支援協力者が少ないこと
効果・今後の展望
住民同士の交流がすすみ、お互いに顔見知りになり、助け合う関係ができつつある。校区単位だけでなく、各自治会単位での交流を深め、災害時等の支援計画に繋げていきたい。
地域福祉活動実践事例データベースのトップへ戻る