事業・活動
名称 下松市助け合いサービス事業
市町村名 下松市
実施主体 下松市社協
内容 会員同士の助け合い活動
・生活必需品等の買い物
・住居等の清掃、整理整頓、補修
・代筆、朗読
・話し相手
活動区分
住民参加型在宅福祉サービス
対象
実施範囲・エリア
市町の全域
対象者
住民全体
高齢者
身体障害児者
知的障害児者
その他
対象者の詳細
運営体制
運営に関わっている
人・機関・団体
協力会員、市社協・地区社協等
担っている役割 在宅福祉の向上を図り、安心して暮らせる地域づくりを目指している。
財源
実施主体の自主財源
利用料・参加料
取り組んだきっかけ
お年寄りや障害者、母子・父子世帯などの方々が様々理由により日常生活上の家事および介護等で困っているとき、少しでも和らげてあげることが出来ないだろうかとの考えから
立ち上げる際の準備・苦労したことなど
・協力会員の確保
・援助サービスの内容
効果・今後の展望
・生活するうえでの不安の解消
・資格をもった協力会員の確保(どんな仕事でも対応できるようにしたい)
・利用料の見直し(現時点では、どのサービスも一律500円)
地域福祉活動実践事例データベースのトップへ戻る