事業・活動
名称 一人暮らし長寿元気の会
市町村名 防府市
実施主体 中関地区社会福祉協議会
内容 ①子ども達の演芸(幼稚園、小学校、中学校)
・タイコ演奏 ・コーラス ・踊り ・寸劇など
②健康相談、体操、ゲームなど(保健センター、防府あかり園保健師)
③会食、歓談(食事は、手作り。食生活改善推進委員、福祉部が準備)
活動区分
地区社協
対象
実施範囲・エリア
地区・校区単位
対象者
高齢者
対象者の詳細 一人暮らし、及び、二人暮らしの高齢者(概ね65歳以上)
運営体制
運営に関わっている
人・機関・団体
1.民生委員・児童委員、福祉員、友愛訪問員
2.食生活改善推進員
3.保健師(保健センター、防府あかり園)
4.幼稚園、小・中学校、ボランティア
担っている役割 1.参加者への勧誘、会場での案内、応対、食事づくり応援
2.食事の準備(献立、買出し等)調製
3.健康相談、健康体操、ゲーム等
4.演芸、参加者の話し相手
財源
実施主体の自主財源
取り組んだきっかけ
家の中に引きこもりがちな一人暮らし高齢者が、話し相手、友人を作るキッカケになればという願いからこの会を始めた。
立ち上げる際の準備・苦労したことなど
効果・今後の展望
地区社協単位では、年1回の開催であるが、これを契機に地区(自治会)単位で、同様の集まりが盛んになってきた。毎月、開いている地区も2~3か所ある。
地域福祉活動実践事例データベースのトップへ戻る