令和3年度生活支援コーディネーター養成フォローアップ研修について

TOP > 令和3年度生活支援コーディネーター養成フォローアップ研修について

 令和3年度 生活支援コーディネーター養成フォローアップ研修

 生活支援コーディネーターと協議体の役割について再度確認するとともに、他地域の実践から新たな活動の視点を学ぶこととしています。また情報交換を通して、悩みや課題、アイディアを共有することで、参加者同士のネットワーク形成を促進し、明日からの活動のヒントと活力を得ることを目的に開催します。

◇期 日  令和3年12月6日(月)
                  令和3年12月8日(水)
◇会 場  山口県社会福祉会館 4階 大ホール
◇対象者  ①生活支援コーディネーター
                  ②市町行政職員
                  ③市町社協職員
                  ④地域包括支援センター職員

 ※詳細は開催要項、プログラムをご覧ください。なお、申込は各市町行政を通じてとなりますので、ご注意ください。

【生活支援コーディネーター(支え合い推進員)】
生活支援体制整備事業において、各市町が定める区域ごとに配置されており、関係者のネットワークや既存の取組、組織等も活用しながら、資源開発、関係者のネットワークづくり化、地域の支援ニーズとサービス提供主体のマッチングなどのコーディネート業務を行います。


 


添付ファイル