事業・活動
名称 「あじすふれあいまつり」での地域交流
市町村名 山口市阿知須
実施主体 阿知須地区社会福祉協議会
内容 年1回の「あじすふれあいまつり」に、中学生ボランティアが施設の高齢者を車いす介助しながらご案内し、お祭りを一緒に楽しんでいます。
活動区分
その他
対象
実施範囲・エリア
市町の全域
対象者
高齢者
対象者の詳細
運営体制
運営に関わっている
人・機関・団体
中学校、小学校、企業、行政、社協
担っている役割 福祉教育ボランティア委員会のメンバーが中学校の活動を支援している。※上記委員(小・中、企業、行政、社協 6名)
財源
取り組んだきっかけ
社協で立ち上げた「福祉教育ボランティア委員会」で何か活動をするにあたり、中学校VC(ボランティアコーディネーター)の活動を支援して、何か企画できないだろうかということで始まった。
立ち上げる際の準備・苦労したことなど
・「福祉教育ボランティア委員会」として中学校や施設に活動の理解を求めること。
・ボランティアの参加人数、施設への挨拶、車いす介助の講習会などの施設との日程調整等
・前日からの準備に、朝から夕方まで委員全員が支援にあたったこと。
効果・今後の展望
・地域のおまつりに多くの中学生が関わり、特に施設の高齢者を車いすで介助するボランティア活動は大変意義があると思う。中学校のVO活動として軌道にのれば、学校の方で施設等と調整して頂き、委員会としては側面から支援していきたい。
地域福祉活動実践事例データベースのトップへ戻る