事業・活動
名称 あけぼのふれあいいきいきサロン
市町村名 和木町
実施主体 自治会(曙)
内容 ●独居老人、老人夫婦世帯の食事会 月1回
●高齢者を中心に、おしゃべり会、健康チェック(血圧測定・レクリエーション)
●夏休みに子ども会と交流会計画
活動区分
サロン
対象
実施範囲・エリア
地区・校区単位
自治会単位
対象者
高齢者
身体障害児者
対象者の詳細 身体障害者も参加できるようにしている。
運営体制
運営に関わっている
人・機関・団体
○自治会長、福祉員
◇民生委員・児童委員、保健師、施設の職員
担っている役割 ○自治会全体の活動支援
◇サロンの参加者の健康チェック、一人暮らしの安否確認
財源
共同募金分配金
利用料・参加料
取り組んだきっかけ
社協の助言を受けて、役員で話し合い、自治会で組織を作った。
立ち上げる際の準備・苦労したことなど
活動の企画。自治会員の啓発。
効果・今後の展望
日頃からの声の掛け合い、助け合う関係づくりができた。
地域福祉活動実践事例データベースのトップへ戻る