福岡県・大分県の状況について(8月7日)

活発な梅雨前線の影響により、福岡県・大分県を中心とした九州北部において甚大な災害が発生しております。

各県の被害状況については、内閣府(防災)、総務省 消防庁のホームページにて確認ください。

 ◆内閣府(防災)ホームページ  http://www.bousai.go.jp/

 ◆総務省 消防庁ホームページ  https://www.fdma.go.jp/

被災市町村社協等への不要不急のお問合せは混乱の原因となりますので、ご遠慮ください。

状況については、各県・市及び社会福祉協議会のホームページにてご確認ください。

台風5号接近に伴うボランティアセンターの活動について(8月6日、7日のセンターの休所について)

 

(1)朝倉市災害ボランティアセンター

 現在台風第5号が九州に接近し、朝倉市付近も影響を受ける可能性が高まっています。災害ボランティアセンターでは以下のとおり対応することを決定いたしました。

8月5日(土)活動実施予定。雨、強風等あれば即時活動中止

8月6日(日)休所(電話対応等も休止)8月6日(日)休所(電話対応等も休止)

8月7日(月)休所(電話対応等も休止)

8月8日(火)以降の再開は天候および避難情報、各種気象警報等の状況により決定

 

 ボランティアの皆さんは最新の気象情報、避難に関する情報に十分注意してください。市外からお越しの方は、6日、7日の滞在をお控えいただき、一旦安全な場所に移動されますようお願いいたします。特に車中泊・テント泊は大変危険ですのでおやめください。

 災害ボランティアセンターの駐車スペースのうち、原鶴分水路は、平時グラウンドとして使用されていますが、筑後川の流量が増えた場合、川の流れを分けるために設置されています。通常時も活動終了後に車両を駐車したままにすることがないようお願いしていますが、活動中止の6日、7日は絶対に駐車することがないよう徹底をお願いします。

 8月8日(火)以降の再開は台風通過の状況により公式ウェブサイト、Facebookページで発信します。なお、避難指示(緊急)が出ている時、各種気象警報が発表されている時は、解除されない間は活動を行いません。ボランティアセンターからの発信を都度ご確認いただきますようお願いいたします。

◆朝倉市災害ボランティアセンター公式ウェブサイト  http://asakuravc.jp/

◆朝倉市災害ボランティアセンターFacebookページ 

https://www.facebook.com/asakuravc/


(2)東峰村災害ボランティアセンター

  台風5号が九州に接近、上陸する可能性があるという予報から、東峰村災害ボランティアセンターでは、下記のとおりの対応を行います。

8月5日(土)通常どおり活動を行います。ただし、急な天候の変化もあるため、その際は、即時活動を中止いたします。

8月6日(日)台風による悪天候が予測されるため、ボランティアセンターは休所

8月7日(月)〃

8月8日(火)台風の影響による状況変化やニーズ等の調査を行うため、ボランティアさんの活動は休止いたします。

 8月9日(水)以降につきましては、道路事情などを勘案して決定いたします。Facebookとホームページでお知らせいたしますので、ご確認をお願いいたします。


(3)日田市災害ボランティアセンター

 ・8月6日(日)、7日(月)は、台風5号接近のため、災害ボランティアセンターを休所します。

・8月5日(土)につきましても、天候悪化の場合は休所となります。休所の場合は、当日の朝7時頃Facebookに掲載されますので、参加される方は最新のFacebookをご確認ください。  

 

 

熱中症予防対策のお願い

被災地では、35度を超える猛暑日も生じています。被災地でボランティア活動に参加する方々でも、熱中症症状で体調を崩されたり、病院に搬送される状況が生じています。

ボランティア活動に参加されるみなさんの体調管理が、何よりも重要です。活動にあたっては決して無理をされないようにしてください。

 また、災害ボランティアセンターでご案内している熱中症予防対策、活動にあたってのご案内(定期的な休憩時間の確保や、活動するボランティアグループメンバーどうしでの交代作業のお願い)を参照ください。

 

お盆期間の災害ボランティアセンター休所について

 8月13日(日)~15日(火)は、多くの犠牲者が出た今災害のあと初めて迎えるお盆となることから、被災された方々が心静かに過ごせるように、現在開設している福岡県朝倉市、東峰村、大分県日田市の各災害ボランティアセンターは休所となります。

 なお、各ボランティアセンターとも、お盆前の8月11日(金)は「山の日」、翌12日(土)は開所しており、各ボランティアセンターでは、活動への参加を呼びかけています。

 

福岡県(福岡県社会福祉協議会)

 

朝倉市災害ボランティアセンターの活動

朝倉市社協は、77日(金)1800に、同社協内に「朝倉市災害ボランティアセンター」を立ち上げました。 

【朝倉市災害ボランティアセンターの移転について】

 朝倉市災害ボランティアセンターは、現在の設置場所(朝倉市朝倉球場)において仮設住宅建設工事が開始されることから、急遽下記に移転することになりました。

  旧設置場所:朝倉球場(朝倉市宮野2003番地1)

    新設置場所:旧杷木パレス(朝倉市杷木久喜宮1631)

 受 付: 9から1100分まで  活動は16時まで

  住 所: 旧杷木パレス 朝倉市杷木久喜宮1631

 ◆朝倉市社会福祉協議会  http://asakurashi-shakyou.jp/

 ◆朝倉市災害ボランティアセンター特設サイト http://asakuravc.jp/

 ◆朝倉市災害ボランティアセンターFacebook  https://www.facebook.com/asakuravc/

 

添田町災害ボランティアセンターの活動

 添田町災害ボランティアセンターは、被災された方からの要望・依頼が収束したことから、7月31日(月)をもって災害ボランティアセンターを閉所しました。

今後、被災された方からの要望・依頼は、添田町社会福祉協議会 本部 ボランティア係で受け付けます。

 ◆添田町社会福祉協議会 http://soedasyakyou.net/

   

東峰村災害ボランティアセンターの活動

東峰村社協では、714日(金)に「東峰村災害ボランティアセンター」を開設しました。

特設ホームページとFacebookページがそれぞれ開設されていますので、今後の情報については下記ページもご参照ください。

 

  ◆東峰村災害ボランティアセンター特設ホームページ http://tohovc.jp/

 

  ◆東峰村災害ボランティアセンターFacebook https://www.facebook.com/tohovc/

 

 

福岡県社会福祉協議会は、7月5日(水)16時に「福岡県社協災害救援本部」を設置しました。
 7月21日(金)からは、九州ブロック(幹事県:熊本県社協)による支援のもと、佐賀県、長崎県、熊本県、熊本市、宮崎県、鹿児島県、沖縄県の各県・指定都市社協職員が、朝倉市、東峰村の各災害ボランティアセンターの運営支援を継続的に行っています。九州ブロックからの職員派遣は、現時点では8月3日(木)まで継続する予定です。

 ◆福岡県防災ホームページ  http://www.bousai.pref.fukuoka.jp/

 ◆福岡県社会福祉協議会   http://www.fuku-shakyo.jp/

 ◆福岡県社協災害救援本部Facebook    https://www.facebook.com/fukushakyosaigai/  

 

大分県(大分県社会福祉協議会)

 日田市災害ボランティアセンターの活動

日田市社協では、浸水した住宅の復旧作業など住民の生活再建を支援するため、市総合保健福祉センター内に、78日(土)、0900分に、日田市災害ボランティアセンターを開設しました。 

 8月1日(火)以降は、被害が大きく、未完了の依頼ニーズが多い大鶴地区の「大鶴サテライト」を支援活動の拠点(本所と統合)とし、災害ボランティア活動を継続します。ボランティア(個人・団体)の皆さまは、大鶴サテライト(受付)へお越しください。

 

<大鶴サテライトの場所:大鶴スポーツ広場(日田市大肥(大鶴本町)8841)>

 活動内容: 一般家屋の泥だし、家財の搬出など

【8月からの災害ボランティアセンター休所日について】

 日田市災害ボランティアセンターでは、本所での依頼ニーズ数の減少や他の活動日に備えるため、8月より毎週水曜日を休所日とさせていただきます。(なお、日田市社会福祉協議会は通常通り業務を行っています)。 

 また、8月13日から15日までは、被災された方のお気持ちに配慮して休所とさせていただきます(既報)。 

  日田市社協では、「日田市災害ボランティアセンター」の特設ホームページを開設しています。

Facebookには、ボランティア保険や駐車場、ボランティア必要数などの情報が掲載されているのでご確認ください。

 

  ◆日田市社会福祉協議会Facebook   https://www.facebook.com/hitashakyo/

 

  ◆日田市災害ボランティアセンターホームページ  http://hitavc.jp/

  

大分県社会福祉協議会では、7月6日(木)13時、大分県社会福祉協議会内に、大分県災害ボランティアセンターを立ち上げました。

◆大分県社会福祉協議会   http://www.oitakensyakyo.jp/

◆大分県社会福祉協議会 大分県ボランティア・市民活動センター   http://www.oitavoc.jp/

 

「災害派遣等従事車両証明書」の発行手続きについて

 福岡県・大分県ともに、災害ボランティア活動にかかる高速道路料金の減免措置を取っています。

高速道路料金の減免措置については、事前の手続きが必要となります。

手続き等詳細は、各災害ボランティアセンターホームページ等でご確認ください。

 

「平成29年7月5日からの大雨災害義援金」の募集

 福岡県共同募金会、大分県共同募金会、および中央共同募金会では、被災された方々を支援することを目的に、次のとおり義援金を募集しています。

詳細については、下記ホームページをご参照ください。

◆中央共同募金会ホームページ http://www.akaihane.or.jp/