平成29年度コミュニティソーシャルワーク実践研修の開催について

TOP > 平成29年度コミュニティソーシャルワーク実践研修の開催について

【目 的】  

   コミュニティソーシャルワークとは、地域において生活上の課題を抱える個人や家族に対して、自立して生活出来るように個別の支援を行うことと、その個人や家族が生活する地域に対して、住民の組織化や啓発等の地域の支援を行うことを専門職同士また住民も連携し、チームアプローチによって統合的に取り組む実践です。
少子高齢化が進み多くの過疎・中山間地を抱える山口県においては、地域の様々な福祉課題・生活課題を的確に把握し、その要因を分析・評価し、適切なサービスへ結びつけるとともに、個別の福祉課題・生活課題を地域で支え合う地域生活支援ネットワークの構築や必要に応じたインフォーマルサービスの開発など、いわゆるコミュニティソーシャルワークの実践が求められています。
   本研修会は、コミュニティソーシャルワークの基本的な手法を学ぶとともに、ソーシャルワーク実践の中核を担う実践者の資質向上に資することを目的に開催します。

【期日・会 場】

<第Ⅰ期>平成29年8月6日(日)、8月7日(月)

        山口県社会福祉会館 大ホール(山口市)

<第Ⅱ期>平成29年10月13日(金)、10月14日(土)

        山口県セミナーパーク(山口市)

        平成29年11月11日(土)

        小郡ふれあいセンター(山口市)(予定)

<第Ⅲ期>平成30年2月13日(火)

        山口県社会福祉会館 大ホール(山口市)(予定)

【定  員】

30人

【参加費】

6000円

【対  象】
市町社会福祉協議会役職員、地域包括支援センター職員、県市町行政職員、
福祉施設職員、その他地域福祉を推進する者で全日程参加できる者

    【その他】

     ・詳細は、添付ファイルをご覧ください。


添付ファイル