決算報告

決算報告

平成27年度決算報告

≪事業報告≫

 国においては、近年の社会情勢に対応していくため、一連の社会保障制度改革として、生活困窮者自立支援制度及び子ども・子育て支援新制度が本格施行された。また、介護保険制度の報酬改定が行われ、新地域支援事業への取組も始まった。年度末には社会福祉法等の一部を改正する法律が公布され、社会福祉法人のガバナンス・財務規律の強化、透明性の向上、地域公益活動の責務化など、社会福祉協議会及び社会福祉法人・福祉施設に共通する課題への対応強化が図られた。
 県においては、村岡知事のもと、「活力みなぎる山口県」の実現に向けて「元気創出やまぐち!未来開拓チャレンジプラン」及び「まち・ひと・しごと創生総合戦略」の着実な推進が図られた。
 山口県社協では、「福祉の輪づくり運動」の基本理念である「住み慣れた地域で 誰もが 安心して 心豊かに 暮らし続けることができる 地域(まち)づくり」の実現を目指し、温かい地域(まち)づくり、災害に強い地域(まち)づくり、住民自治によるコミュ二ティの再構築に取り組んだ。
 特に、平成27年度は、「第5次福祉の輪づくり運動推進県域活動計画」のスタート年であり、中でも、貧困、社会的孤立、虐待など地域において複雑・多様化する福祉課題・生活課題の具体的な取組について、効果的な展開を図るため、生活関連事業者などと連携した地域見守り・支え合い体制の強化、自治会等における福祉活動の推進、保証機能の検討、CSW養成検討などに取り組んだ。
 諸事業の展開に際し、地域住民、ボランティア、民生委員・児童委員、福祉員、老人クラブ、社会福祉法人・福祉施設、企業等の多様な関係者及び保健、医療、福祉、教育、法曹、更生保護等関係機関・団体との連携・協働により行った。
 また、ねんりんピックおいでませ!山口大会(全国健康福祉祭やまぐち大会)の開催では、ねんりんピックスボーツ文化活動の振興を図るとともに、山口県選手団(25種目589人)の派遣及び美術展(6部門24点)の出品を行った。地域の高齢者団体との交流会においては、高齢者や中高年の方々の社会参加を促進するため、交流・仲間づくりを推進し、社会参加意識を高め、実践につなげる取組を行った。
 具体的には、地域福祉の推進、生活支援事業の充実強化、福祉人材確保対策と研修体制の充実強化、ねんりんピックおいでませ!山口2015の実施協力の4項目を重点的に実施したので、事業の概要を報告する。

 

◎重点事業の実施状況

  1. 地域福祉の推進(「第5次福祉の輪づくり運動推進県域活動計画」の推進)
  2. 生活支援事業の充実強化
  3. 福祉人材確保対策と研修体制の充実強化
  4. ねんりんピックおいでませ!山口2015の実施協力

添付ファイル